消化吸収が良く今日の食事

あチーズは牛乳が持っている豊富な栄養素を全て凝縮している発酵食品ですが、チーズの成分となっている乳酸菌や酵素の力によってカルシウムがタンパク質と結 びついていますので、牛乳よりもカルシウムの消化吸収が良くなっています。また、牛乳に含まれているラクターゼという乳糖を消化する酵素を持っていない 「乳糖不耐性」の方でも、チーズではラクターゼが乳酸菌で一部分解されていますので消化されやすくなっており、お腹をこわすことはありません。血中中性脂肪を20%低下させるドリンクイマークS通販購入
チーズの乳酸菌は腸内環境の改善にも役立っており、腸内で有害物質を作る悪玉菌を減少させています。そして、骨の主要な構成はカルシウムとリンとなっており、体内に入ってきたカルシウムを骨に沈着させるためにはリンも
必要なのですが、チーズはリンも含んでいますので、骨や歯を強化しなくてはならない骨粗しょう症の予防と改善にぴったりの乳製品と言えますね。チーズには 数多くの種類があり、それぞれ味や色、食感、匂いなどが異なっています。よく見かけるのはプロセスチーズで、これはそのまま食べたりサラダに加えることが できます。また、ハンバーグやピザに使ってもいいですね。クリームチーズはお菓子に使うことができますし、カマンベールチーズはフライやソテーなどにして ジャムを添えれば、お酒のつまみにもぴったりです。チーズが苦手という人でも色々なチーズを試してみると、お気に入りのものが見つかるかもしれませんよ。