食いしん坊にオススメのスキンケア

年齢を重ねることに、肌の細胞も徐々に皮膚内のエラスチンやコラーゲンの量が減り、ハリや弾性力が失われます。 肌のハリや弾力性が失われると、衰えた肌は重力に負けて、下へ下へ垂れ下がってたるんでいきます。 実は肌のハリや弾力を支えているのは、肌の真皮層のエラスチンやコラーゲン。 コラーゲンの繊維が複雑に絡み合って、肌の表面と肌下の脂肪を支えているのです。 つまりたるみは、加齢と共に肌のコラーゲンが減ることによって起こるのです。 もうひとつの原因は顔の筋肉の衰えがあげられます。 顔にはたくさんの筋肉があり、その筋肉は皮膚の土台となっています。 この土台が衰えれば、皮膚を支える力は弱くなり、肌がたるんでしまうのです。 次にどうしてシワができるかといいますと、 やはりこれも根本的な原因は、皮膚の老化ですが、 大きな原因の一つとして「紫外線」が挙げられます。 紫外線は、日焼けを起こすだけではなく、細胞の老化を起こします。これを「光老化」というのですが、 いつも衣服で覆われている部分とちがい、顔は常に露出しており、「光老化」に侵されやすく、皮膚の老化が促進されてしまいます。 もうひとつの大きな原因は、乾燥です。 ずっと乾燥した空気ににさらされると、角質層の表面が乾いてはがれ、表皮の水分が蒸発していきます。 その結果、水分を失った皮膚は薄く硬くなり、小ジワが出来てしまいます。 本来、角質層には水分の喪失や外部の有害物質の侵入を妨げるバリア機能がありますが、 20歳を過ぎた頃から、このバリア機能は衰えていきます。 その結果、肌の乾燥が促進されてしまい、シワができてしまうのです。 シワとたるみどちらにも共通して言えるのは、 まず光老化を防ぐために、紫外線対策をきちんとすることです。 たるみのお手入れ方法ですが、肌に十分栄養を与え、老廃物の除去を促すためにマッサージをして血行を良くしてあげることが大切です。 また、もうひとつの原因でもある筋肉を鍛えるためには、意識的に顔の筋肉を使うことが大切です。 顔はたくさんの筋肉が重なって構成されており、一つの表情作るために複数の筋肉が使われます。 たとえば笑ったりするとき、いつもよりも口角を上げれば他の筋肉も使われ、表情筋を鍛えることにもつながります。 また、女性ホルモンの分泌量が低下することで、通販で肌にいいサプリメントを購入してから肌のコラーゲン量も減ることが知られております。 20代を過ぎると穏やかに女性ホルモン分泌量が低下し、40歳を過ぎると急激に低下するため、 コラーゲン生成を促し、弾力のある肌へとサポートしてくれる成分の入ったスキンケア製品などを上手に利用してカバーしましょう。 どうしても気になる場合は、最終的には医学的治療を検討してみてください。 シワをケアするためには、紫外線対策の他に肌潤石鹸などで乾燥肌対策が必要となってきます。 乾燥した肌には、角質層のバリア機能を高めるためにも保湿剤を使うことが大切です。 また、活性酸素を発生を防ぐため、酸化防止成分が入ったスキンケア用品を使ったり、 ストレスをためない規則正しい生活を心がけることも大切です。